理事長挨拶・組織・役員

理事長挨拶 

  本年5月1日から令和元年となり、新しい元号がスタートしました。皆さま方も、心身ともに、新たな気持ちで、平成から令和へのスイッチの切り替えをされたことと思います。

 ところで、5月25日(土)に特定非営利活動法人「安井息軒顕彰会」の総会及び理事会が行われ、前理事長の若友弘子氏の後任として、理事長に就任しました。前任者同様宜しくお願いします。

 さて、安井息軒先生が1799年に生誕されてから、今年で220年になり、没後143年です。現在、先生の生家は、宮崎市が平成29年度から3か年かけて、国指定史跡「安井息軒旧宅」の屋根葺き替え及び建物の部分修理や耐震補強などの保存修理工事を行っています。

 去る、本年4月20日(土)に茅葺等の貴重な作業の見学会がありました。たくさんの方々が、熱心に参加され、現在では珍しい茅葺の実際を観察でき、とても感動されていました。

 なお、この工事は、本年11月末日には終了する予定です。立派になった竣工後の記念事業も計画されています。

 今年度も、これまでの顕彰会の素晴らしい伝統や実績をしっかり受け継ぎ、令和元年度の基本方針や目標に沿って、次の3点を重視しながら、顕彰会及び記念館の事務事業を、すべての関係者が一丸となって推進します。
1つには、和をもって貴し、和みを活動の中心に据えて、令和元年にふさわしく、会員相互の親睦を図りながら、楽しく充実した諸活動を推進します。
2つには、清武町中野の素晴らしい偉人である安井息軒先生に特化したこの記念館は、県都、宮崎市民の知性と教養を高め、品格のある人づくりを行う文化施設としての機能をしっかり果たします。
3つには、各種の事務事業の事務の管理及び執行の状況の自己点検及び評価を的確に行いながら、成果につながるよう、諸活動を推進します。
 以上の3点について、本年度は特段に努力していきます。
 結びに、顕彰会や記念館は、息軒先生の優れた知性や仁徳に対する、宮崎市民はもとより、世の中のすべての方々の思いや負託に応えるべく、本会々員数の増加に努めながら、より一層の活性化と充実を図っていきたいと考えています。

 どうぞ、今後とも、多くの方々が当記念館にお越しいただき、息軒先生のことをたくさん学習してもらい、より一層の御理解と御支援を賜りますようお願い申し上げ、御挨拶とします。

 令和元年5月25日                                      

                               特定非営利活動法人  
                               安井息軒顕彰会  理事長 齋藤 義輝  

                

  

組織・役員

顧問等名誉職 氏名 現在の役職等        
名誉顧問 安井 雄一 安井家当主
名誉会長 落合 兼俊 宮崎市名誉市民
顧問 若友 弘子 前NPO法人安井息軒顕彰会理事長
顧問 湯地 敏郎 前安井息軒顕彰会会長
顧問 山元 宣宏 宮崎大学教育学部准教授
役職 氏名
理事長 齋藤 義輝
副理事長 川口 眞弘
副理事長 中村 富英
事務局長 黒木 幸英
事務局次長 川口 正子
事務局次長
近藤 芳文
事務局次長 平原 弘己
理事 岩切 哲
理事 櫛間 幸義
理事 富永 りつ子
理事 野崎 幸士
理事 野崎 清春
理事 大野 梅子
理事 後藤 貞信
理事 段 正一郎
理事 田村 浩一
理事 松元 妙子
監事 石野田 幸蔵
監事 長野 智愛子
事務 日高 弘子
学芸員 小山 幸子