理事長挨拶・組織・役員

理事長挨拶 

 安井息軒先生は、江戸から明治へと日本が大きく変わろうとした時代、躍動する若者たちに影響を与え、日本の近代化に最も貢献した一人です。
 1799年飫肥藩の清武郷中野で生まれ、父滄洲と共に郷校の「明教堂」で、また飫肥の藩校「振徳堂」で、地元の子弟に学問を教授しました。39歳で上京し、40歳で開いた三計塾では、儒学だけでなく政治、兵法、文学、経済、法学も含めた総合学問を教え、天下の動きについて議論できる子弟教育に情熱を注ぎました。そして、塾生数は、全国から延べ2,000名を超え、政治、経済、司法、教育など各分野で近代日本の礎を築いた多くの人材を輩出しております。

 しかしながら、安井息軒先生の業績などについては、意外と知られておりません。私たち顕彰会は、大正2年、遺跡保存のために「安井息軒遺跡顕彰会」を、没後100年にあたる昭和50年9月23日、先生の顕彰と文教意識の高揚を図るために「安井息軒顕彰会」を設立しました。そして、平成25年9月9日に、「特定非営利活動法人 安井息軒顕彰会」を発足させ、平成28年9月には関係団体機関と協働して「没後140年安井息軒記念事業」を実施しました。

 平成29年4月1日から「宮崎市きよたけ歴史館」が安井息軒に特化した「宮崎市安井息軒記念館」に改称され、また、当法人が宮崎市から施設管理の委託を受け運営を行うことになりました。
安井息軒等に関する調査研究や学習、顕彰、情報発信・交流等の拠点として、先生の「高いこころざし」と「偉業」の顕彰等に関する事業運営を行って、また、「半九の精神と、三計の教えに学ぶ」唯一の記念館として、親しまれ、誇れるように努力してまいります。関係者の皆様のご支援とご協力よろしくお願いします。 

 

                               平成29年4月1日
特定非営利活動法人 安井息軒顕彰会
                             理事長 若友 弘子

組織・役員

顧問等名誉職 氏名 現在の役職等        
名誉顧問 安井 雄一 第14代安井家当主
名誉会長 落合 兼俊 宮崎市名誉市民
顧問 安井 紀子 安井家(宮崎市在住)
顧問 湯治 敏郎 前安井息軒顕彰会会長
顧問 山元 宣宏 宮崎大学教育学部准教授
役職 氏名
理事長 若友 弘子
副理事長 斎藤 義輝
副理事長 川口 眞弘
事務局長 黒木 幸英
事務局次長 川口 正子
事務局次長
落合 一夫
事務局次長 近藤 芳文
理事 岩切 哲
理事 櫛間 幸義
理事 牧野 宏子
理事 高野 裕子
理事 富永 りつ子
理事 野崎 幸士
理事 野崎 清春
理事 大野 梅子
理事 後藤 貞信
監事 石野田 幸蔵
監事 長野 智愛子
事務 日高 弘子
学芸員 下村 育恵