楽しく学ぶことはいいことです。宮崎市立江南小学校4年生のみなさん

 12月に入りましたが、あまりにも暖かくて季節を感じられにくくなりました。12月10日(火)、この日は宮崎市立江南小学校4年生121人の元気な子どもたちが見学に来てくれました。出迎えると、「おはようございます!」というハキハキしたあいさつを返してくれました。とにかく目がキラキラ輝いていて、「今日もがんばろう」という気持ちにさせてくれました。まずは、「息軒基礎講座」を一緒に取り組みました。生まれた場所、かかった病気、学んだ学校など息軒先生の「基本のキ」を一緒に学びました。感心したことは、問いかけに対する反応がとてもいいことです。また、記念館に来る前に予習をしてきていたということだったので、お互いに楽しく盛り上がることができました。そんな子どもたちの勢いを大切にしながら、次はお楽しみの「クイズラリー」です。プリントの両面にたくさんの「ミッション」が書かれていますが、展示をよく見ると答えが分かるようになっています。中には難しかったり、どこの展示を見ればいいかが分からないということもありましたが、子どもたちは積極的に質問してくれて、会話もたくさん弾みました。だいたい30分で解き終わり、最後に答え合わせをしましたが、「あ、そうだったのか。」「展示をみるともっとよくわかって楽しい」などの声も聞こえました。私たち記念館職員は、子どもたちには「楽しく学んでほしい」という思いを強く持っています。そのための教材をもっと改良して、子どもたちの声であふれる記念館を目指して邁進していきたいと思います。あと少しで冬休み。冬休みも家族でぜひ遊びに来てくださいね。江南小学校4年生の皆さん、本当にありがとうございました。

2019年12月12日