記念館からおじゃまします!宮崎市立住吉小学校5・6年生出前授業

 10月10日(木)、この日は宮崎市内の小・中学校にとって、1学期の最後の日となりました。そこで、宮崎市北部の子どもたちにも安井息軒先生や記念館のPRを行おうということで、館長と学芸員がおじゃまさせていただきました。朝の貴重な15分をいただき、320人の子どもたちに圧倒されながらもプレゼンを使いながらお話をしました。やはり、話を進めながら私たち職員も実感しましたが、いかに息軒含め宮崎県出身の偉人についてあまり周知されていなかったか…。これは記念館職員として反省でもあり、このように出向いて広めることを積極的に実施していく必要性を感じました。宮崎県出身の偉人の話のあとに、全員で「三計の教え」を言ってみました。「朝」を息軒先生は「あした」と読んでいますが、子どもたちはそういうところから知りました。続いて「三計の教え」の意味を知り、わずか15分でたくさんの「知らなかった」が「分かった」に変わり、記念館職員と子どもたちとの距離も縮まった気がしました。時間は短くても、伝えようと思えば伝えられるのです。本年度から出前授業に力を入れていますが、これからもご要望があれば館長と学芸員がお伺いして、息軒先生のお話をさせていただきます。

2019年10月10日