気持ちを込めた絵手紙に、自分だけのハンコを添えて…子ども息軒塾最終回

 8月20日(火)、いよいよ子ども息軒塾が最終回となりました。この日は登校日だった子どもたちもいましたが、遅れてでも記念館に来てくれました^^最終回の活動は…落款(らっかん)作りと絵手紙に挑戦でした。教えて下さったのは、図画工作を専門とされている宮崎国際大学の守川先生です。落款とは、簡単に言えば「ハンコ」のことです。書道作品の隅に赤くて四角い印鑑のようなものが押されているのを、見たことがありますか?あの印鑑のようなものが落款です。消しゴムのような柔らかい素材を使って、自分の名前の一文字をカッターナイフで彫っていきます。どんなふうになるかを試しに押してみると、彫った文字が白くくっきり写って、子どもたちは歓声を上げていました。オリジナルのハンコができたので、これから家でも十分使うことができるのではないでしょうか^^

 次は、顔彩という絵具と墨汁を使って絵手紙を描きました。素材はいろいろあり、植物、野菜、本や写真に載っている動物や風景、桶やわらじなどの民具、なんとセミの抜け殻まで!!見ているだけで、どんな絵を描こうかなと想像が膨らんで楽しくなりました。まずは、筆の使い方を練習しました。縦線、横線、うずまきを描いて筆に慣れることから始めました。先生が筆の使い方のコツを丁寧に手本を示して教えてくれたので、子どもたちはあっという間に筆を使いこなしました。本番はハガキサイズの絵手紙用の紙に墨汁で絵の輪郭を描き、顔彩で思い思いに色を塗りました。線がゆがんだり、小刻みに震えがあるほうがかえって味わいが出るそうです。色も濃淡をつけたり輪郭からはみ出したりすることで躍動感が出るようです。余白にメッセージを書き、落款を押したらできあがり。お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、先生へ…感謝の気持ちがいっぱい詰まった絵手紙は温かくて胸がジーンとなりますね。

 本年度は台風の影響で1回お休みをしたので、全3回の活動となりました。最後に修了式を行って、修了書を1人1人に渡しました。来年度も計画していますので、ぜひまた参加してくださいね☆

2019年08月21日