記念館を「もうひとつの居場所」に。息軒団、始動です!

 8月に入りました。みなさん、海水浴、プール、夏祭りなどなど、楽しい夏休みを過ごしていますか?子どもたちは遊びも宿題も忙しいと思いますが、ときには自宅以外の場所でじっくり過ごすのもいいですよ☆彡記念館では夏休みの自由研究のサポートはもちろん、「ちょっと勉強もしたいな。」といった要望にもお応えしています。図書館や児童館などももちろんいいと思いますが、子どもたちの居場所を提供しようと、今年から「息軒団」の取り組みを始めました。8月1日(木)、小学1年生と2年生の子どもたちがさっそく来てくれました。元気のいい子どもたちで、暑い中でも外で虫取りやドングリ拾いをして遊びました。本当に暑くなってきたので、館内でかるたをしたり息軒劇のDVDを見たり……。最初は少し緊張していた子どもたちも、だんだん職員との会話も多くなり、折り紙や絵手紙を一緒にして楽しい時間を過ごしました。折り紙を工夫して使い、お花や鶴、立体的な銃などを自由に作っていました。ほのぼのとした作品を見て、子どもたちの発想の豊かさに改めて感心させられました。「ねえ、見て」「こうすると倒れないんだよ」などなど、口も手も動かしながら折り紙を楽しんでいました。

 絵手紙は子どもたちにとって初めての体験で、まずは筆の使い方を練習しました。館長のお手本をまねながら、集中して真剣に練習していました。ある程度慣れてきたら、さあ本番です。はがき大に切った画用紙に花の絵を描き、メッセージを添えると、初めてとは思えない味わい深い絵手紙ができました。この絵手紙をもらったら、温かい気持ちになって嬉しいだろうな……と思える作品でした。絵手紙は上手い下手ではなく、いかに心を込めて描くかが大切です。ジーンと感動を覚えたひとときでした。

 お弁当を食べ、保護者の方のお迎えが来た時には「まだ、記念館にいたい」と言った子がいました。こうして少しづつではありますが、子どもたちが気軽に利用できる場として定着していくよう職員もがんばります。次回は8月4日(日)でしたが、諸事情により中止とさせていただきます。少し間が開きますが8月18日(日)に息軒団を実施します。息軒団に関してのお問合せ・お申込みは記念館までお気軽にご連絡ください。

2019年08月02日