宮崎市安井息軒記念館開館

 宮崎市清武町の「きよたけ歴史館」は平成29年4月1日「安井息軒記念館」に改称し、市の直営から指定管理者NPO法人安井息軒顕彰会による運営に移行しオープンしました。
 運営の移行は、経営効率化を目指す市の公共施設再配置の一環で、宮崎市清武町出身の「知の巨人」安井息軒に関する情報発信等に特化していきます。この日は記念館入口で開館式があり二見教育長やご子孫、会員ら53人が出席してテープカットや記念講演を開いて門出を祝いました。
 開館式典でNPO法人安井息軒顕彰会の若友弘子理事長は「地域の人々の愛される輝かしい記念館なるよう展示を充実し、日本近代化に貢献した安井息軒先生の功績を調査研究する拠点にしたい」と抱負を述べました。

開館を祝う二見教育長(中央)若友理事長(その右)ら

除幕式

今後は館内に会員が常駐し息軒に関する展示物を増やしていく計画で、当日は安井家に伝えられていた息軒肖像画や、谷干城の「三計塾記」、息軒とやりとりした手紙などが初披露されました。

息軒の偉業を説明する若友理事長