ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

2020年、最初の団体のお客様。新富町生涯学習わかば学級A・Bのみなさん

 1月15日(水)・16日(木)、2日連続でとても元気な「学級生」が新富町からたくさん来館されました。実は昨年10月に、「あすなろ学級」として新富町からお越しいただいていますが、とにかくエネルギッシュな明るい方ばかり!今日のみなさんもとにかく向上心があり、前向きな方ばかりでした。共通して言えることは「若々しい」。新しいことに目を向け、耳を傾け、チャレンジする気持ちがあふれていて、とても輝いていらっしゃいました。こんなふうになりたいなぁ……。

 2日間ともまずは館長のあいさつから始まり、学芸員がわずか10分で息軒の一生をダイジェストで語りました。そして、展示室では息軒ゆかりの資料を見ながら解説を聞き、より息軒に対する知識を深めようと一生懸命学んでおられました。知らなかったことを知る……それが刺激になり、生きるエネルギーになり、人生を健康に楽しく過ごす秘訣の1つなんだろうな、と改めて感じました。

 旧宅も新しく生まれ変わり、実際に旧宅の中に入って古民家の風情を感じました。旧宅には囲炉裏がないので、「あれ?」と思った方もいらっしゃったことでしょう。息軒の父・滄州が近所の子どもたちを家に招いて勉強を教えていましたが、勉強のスペース確保を優先していたために囲炉裏の必要性がなかったものと考えられています。釘1本も使わず、こんなに立派な家ができることにも驚きです。最後は旧宅の前で記念写真を撮りました。1日目はほぼ快晴、2日目は薄曇り程度でしたが、天気にめぐまれて良かったと思いました。道中、おみやげを買ったり、食事をしたりと楽しい1日になったことでしょう。

 また、皆さんとお会いできる日を楽しみにしています。新富には国の特別史跡である「新田原古墳群」があり、日本遺産に認定されて活気づいています。「古くて、いいもの」は次世代へ語りつながないといけません。私たち記念館職員も、1人でも多くの方に「安井息軒」を伝えていかなければいけなせん。

 新富町の皆さん、どうぞまた記念館へお越しください。今日は、ありがとうございました。

 

 

2020年01月16日

記念館まで歩いてきました!清武小学校3年生のみなさん。

 12月20日(金)。清々しい快晴の朝、清武小学校3年生101人の子どもたちが歩いて記念館に来館しました。とても元気がよく、にこにこしながら「おはようございます!」とあいさつをしてくれました。研修室に入って中村館長のお話を聞いたあと、学芸員が「息軒基礎講座」のプリント学習を進めました。さすが清武小の子どもたち。三計の教えもすらすら言えるし、記念館に来る前に予習をちゃんとしていたようです。「天然痘」のような難しい言葉もよく知っていて、会話をしながら楽しい学習ができました。そして、ここからはリニューアルした安井息軒旧宅見学と館内での「ミッション」に分かれて、さらに学習を深めました。新しく生まれ変わった旧宅では、ここに確かに息軒先生が生活をしていたことを思い浮かべるように、子どもたちは一生懸命話を聞いていました。ミッションは展示を見ながらさらに息軒先生のこと・清武のことを楽しく学ぼうということで、すっかり定着したオリジナルの教材です。3年生では少し難しかったかもしれませんが、それでも自分の力で解いたりお友達を話し合いながら解き進めていました。また、驚いたことに「息軒かるた」の札を参考にしながら自分でテーマを決めて調べ学習をするという取り組みも行っていました。「佐代さんってどんな女性ですか?」「なんで佐代さんは息軒先生と結婚したんですか?」「お年寄りを大切にする取り組みって、どんなものですか?」「息軒先生は、どんな先生だったんですか?」などなど、こちらも刺激をたくさん受けるような鋭い質問が多く出ました。この積極的な姿勢に嬉しくなり、子どもたちとの会話がものすごく盛り上がりました。冬休みも始まりますが、家族で、お友達同士でまた遊びに来てくださいね。本当にありがとうございました。

2019年12月27日

楽しく学ぶことはいいことです。宮崎市立江南小学校4年生のみなさん

 12月に入りましたが、あまりにも暖かくて季節を感じられにくくなりました。12月10日(火)、この日は宮崎市立江南小学校4年生121人の元気な子どもたちが見学に来てくれました。出迎えると、「おはようございます!」というハキハキしたあいさつを返してくれました。とにかく目がキラキラ輝いていて、「今日もがんばろう」という気持ちにさせてくれました。まずは、「息軒基礎講座」を一緒に取り組みました。生まれた場所、かかった病気、学んだ学校など息軒先生の「基本のキ」を一緒に学びました。感心したことは、問いかけに対する反応がとてもいいことです。また、記念館に来る前に予習をしてきていたということだったので、お互いに楽しく盛り上がることができました。そんな子どもたちの勢いを大切にしながら、次はお楽しみの「クイズラリー」です。プリントの両面にたくさんの「ミッション」が書かれていますが、展示をよく見ると答えが分かるようになっています。中には難しかったり、どこの展示を見ればいいかが分からないということもありましたが、子どもたちは積極的に質問してくれて、会話もたくさん弾みました。だいたい30分で解き終わり、最後に答え合わせをしましたが、「あ、そうだったのか。」「展示をみるともっとよくわかって楽しい」などの声も聞こえました。私たち記念館職員は、子どもたちには「楽しく学んでほしい」という思いを強く持っています。そのための教材をもっと改良して、子どもたちの声であふれる記念館を目指して邁進していきたいと思います。あと少しで冬休み。冬休みも家族でぜひ遊びに来てくださいね。江南小学校4年生の皆さん、本当にありがとうございました。

2019年12月12日

清武ともゆかりが深い…宮崎市立木花小学校4年生の皆さん

11月21日(木)、遠足の最後の訪問地として木花小学校4年生の子どもたちが記念館に来館しました。少し疲れも出ていた中、それでも安井息軒のことを1つでも学んでいこうとして、子どもたちは私たち職員の話をよく聞いてくれました。はじめに「安井息軒基礎知識」として生まれた場所や学んだ学校などについて学習しました。そのあと、お楽しみのクイズラリーに挑戦しました。展示室での過ごし方についていくつかお約束を話しましたが、ちゃんと守ってくれて素晴らしい態度でした。息軒について学ぶだけでなく、公共施設での(ここでは博物館のような施設)過ごし方やマナーも学びます。若いうちに学んでおけば、大人になって必ず役に立つものです。展示資料の中に「刀」があります。本物の一振りですが、この刀は木花の西教寺(さいきょうじ)で生まれた井上真改がこしらえた刀です。子どもたちに「木花の刀職人なんだよ。西教寺で生まれたんだよ。」と教えたら。「西教寺、ぼく知ってますよ。」「行ったことがあります。」といった返事が返ってきました。自分の身近にすごい刀職人がいて、しかも知っているお寺の出身だということを知って、子どもたちは郷土を改めて振り返ったのではないでしょうか。会話になる「ネタ」を準備して、お客様とのコミュニケーションを活発にする仕掛けを作ることこそ、記念館の役割でもあります。クイズラリーのなかの「三計の教え」をみんなで声をそろえて言いましたが、「朝」を「あした」と言えた子がほとんどでした。今の若い時にいろんな計画を立てて将来に備えることが大切ですね。午前中からいろんな施設を訪ねてたくさん学んでどっぷり疲れたと思います。本当によく来てくださいました。ありがとうございました。12月14日にかるた大会もあるので、ぜひ参加してみてくださいね。

2019年11月24日

学ぶ意欲はますます高く…佐土原鶴松館ボランティアガイドのみなさん

 11月20日(水)、すっきりとした秋晴れの中、佐土原町から9名のお客様が来館されました。皆さんは宮崎市佐土原歴史資料館でボランティアガイドとして活躍されていますが、佐土原の歴史には大変詳しい方ばかりです。この日は、ガイドさんたちの研修ということで安井息軒について学ぶ目的で来館されました。安井息軒については同じ宮崎市内に住んでいても、まだまだ周知がなされていないのが現状です。佐土原にも島津啓次郎や根井三郎などの偉人が輩出されていますが、清武ではあまりなじみがないというのが本当のところです。だからこそ、学ぶ必要があると思います。ガイドの皆さんは日ごろから歴史・文化に触れていらっしゃいますので、安井息軒についても「勉強しよう」という意識の高さを感じました。じっくり耳を傾けてくださったり、メモしたり、展示室での語らいも活発にできて大変楽しいひとときが過ごせました。最後に、リニューアルオープン間近の旧宅にも足を運び、中村館長が解説を加えました。古民家の維持は年々難しくなっており、技術や人手が不足しているのが現状です。本年中に旧宅内にも入れる見込みですが、旧宅工事を通して文化財を守り、伝えることの意義をいろんな方に知っていただく必要があると感じました。佐土原歴史資料館の裏山は国指定史跡の佐土原城跡となっています。同じ国指定史跡を抱える施設同士でなにか情報交換ができるといいな、と思いました。佐土原鶴松館ボランティアガイドの皆さん、今度は私たちがそちらにお伺いします!!ご来館、本当にありがとうございました。

2019年11月24日
» 続きを読む